春よ来い!生徒の面接。


一雨ごとに春が近づいてきているみたい 先日ある生徒から、企業面接の日にちがきまりましたぁ とメールがきました。 「面接の事を考えると緊張で吐きそうなんです」どうしよう・・・ 生徒のメールを読んで、かわいくてたまらなくなりました。 なぜ、そんなに緊張するの? まず、面接とはいったい何のためにあるのでしょうか? よく生徒に問いかけます。 するとほとんどの生徒は、「自分自身を審査される為のもの」と答えます。 もちろん、企業から見れば、その人の人柄を見ながら自社のブラインドに合うかどうか? 見極めようとしています。 でも、面接を受ける人にとっては、 「自分を売り込むきっかけ」を与えられているのです。 そう理解することで、吐きそうなくらいの緊張はなくなります。 採用する側・採用される側は同等です。 自分自身の良いところをしっかり企業に見せつけて有意義な時間にしてください。 面接は、企業の質問にどうのように答えるかで採用が決まるわけではないのです。 企業が自分にとって本当に良いかどうかを探る時間でもあります。 面接のテクニックは時代や業界によってそれぞれ違う表現方法が求められます。 ブライダル業界には、業界ならではの求める人物像があります。 それを知る事で、企業に求められる人材になれますよ。     


Page Top
Copyright© 2005-2022Weddingnet Academy All Rights Reserved.